定例集会案内

 

主日礼拝: 毎週日曜日 10時半~

 

教会学校: 毎週日曜日 9時15分~

 

祈 祷  会: 毎週木曜日 10時~

 

 

 

☆教会が初めての方は、

 

まず主日礼拝にご出席ください。

 

お越しをお待ちしております!

 


 

 

教会に行くと、他宗教の行事に出れないんじゃないかな・・・

 

 

教会に行って洗礼を受けたら、たとえば親が亡くなったとき、仏教の葬儀だったらどうすればいいのですか?

 

知人が亡くなったとき、仏教葬儀で焼香はどうすれば?

 

お盆のとき、家族が仏教であるなら、みなが仏壇の前で祈るとき、クリスチャンである自分はどうすれば?

 

こうした、他宗教の行事に関する疑問をお持ちの方は多いと思います。

 

こうしたときに、「他宗教は偶像崇拝だから、クリスチャンはそうしたものには全部出れない」などと考える必要はありません。

 

愛とは、他者を尊重することです。そうした他宗教の習慣をも、クリスチャンは尊重するのです。

 

もちろん、内面の良心において、他宗教を信じることはありません。そんなことをしたら、キリストを否定することになってしまいます。

 

外面的な、習慣や風習の部分においては、他宗教の慣習に従う。内面の良心においては、三位一体の神に祈る。そういう形で他宗教の行事に参加するのです。

 

仏教式葬儀で焼香するときも、習慣的な形としては仏教に合わせながら、内面の良心においては三位一体の神に祈ります。

 

仏壇の前で祈らなくてはならないときも、形としては周囲に合わせながら、祈る対象としては、三位一体の神に祈るのです。

 

「外面」と「内面」を分けてすることになるので、微妙な葛藤を経験することにはなります。

 

しかし、日本社会でクリスチャンとして生きるには、こうしたことを避けて通ることはできません。他宗教を尊重しつつ、しかし内面の信仰の自由と良心はしっかり守って行く、という柔軟な姿勢を身に着けていきます。