定例集会案内

 

主日礼拝: 毎週日曜日 10時半~

 

教会学校: 毎週日曜日 9時15分~

 

祈 祷  会: 毎週木曜日 10時~

 

 

 

☆教会が初めての方は、

 

まず主日礼拝にご出席ください。

 

お越しをお待ちしております!

 


 

 

教会に行くと、お金を取られるんじゃないかな・・・

 

教会の礼拝では、「献金」をしています。

 

献金には、いくつかの種類があって、教会員が月ごとに納めるものや、礼拝でするもの、特別なときにするもの、建物をたてるためにするもの、などがあります。

 

この献金の習慣について、「ほら、やっぱり宗教もビジネスと一緒だ。お金を取るんだ」という風にお考えの方もいるでしょう。

 

献金は、「神の恵みへの応答」としてなされます。自分と神様との関係に基づいて捧げるのです。

 

しかし、教会での献金は、「自由献金」です。自発的に、自分で額を決めて献金します。

 

収入に余裕がない方は、それに見合ったものをします。それがたとえ非常に少ない額であっても、牧師や教会員はそれについて、どうこう言いません。その人が神様と自分の関係に基づいて、信仰をもってするなら、それは尊い献金だからです。

 

神様への関わりがまだ薄い方は、それほど献金する気になれません。たとえ収入がたくさんあっても、神様の愛に満たされたことがない人なら、100円献金するのも嫌だと感じるでしょう。

 

しかし、神様との関係が深められて、神様に献身している人は、どれほど神様に感謝しても足りないと感じていますので、収入が少なくても、一生懸命献金をします。その人と神様の関係が、豊かになっているからです。

 

教会に行くと、献金の時間がありますけれども、もしどうしても献金ができないとお感じでしたら、献金を包む袋をそのまま入れて頂ければいいのです。

 

多額の献金を強要したりすることはありません。カルト的な教団ではそういうことはよくなされていますが、大半の教会は「自由献金」が伝統的な精神ですので、そういうことは決してしません。